minecraft で高さ自由に指定できるエレベーターを作ってみたい!
minecraft で世界一高いエレベーターを作ってみたい!

 

そう思ったことはありませんか?

どーもTakeです。

 

私も minecraft にはまっておりますが、世界一高いエレベーターを作ってみたいと思い、

Python プログラミングで「高さ自由、色の指定自由」のなんでもありのエレベーター作成プログラミングを開発しました!!

私が作成したエレベーター作成プログラミングを動かしたらこんな感じです!

 

 

高すぎて上がみえない。。。

雲より高いところに出れるエレベーターです。

ちなみに横から空から見るとこんな感じです。

 

 

いまにも太陽に届きそうなエレベーター。。。

ちなみに屋上に出てくるとこんな感じです。

 

 

 

下に海とか島とかをみると高さが際立っていいですよね。

 

 

自分で作って言うのもなんですが、見ているだけで結構楽しくないですか?(私の所感です。。)

 

これは Minecraft 上で Python プログラミングを動かしている作成したものです。

Python プログラミング「code connection for Minecraft」と呼ばれるMinecraft 公式のプログラミング開発環境用のツールで開発しました。

※ 「code connection for Minecraft」の使い方について詳しく知りたい方は下記をどうぞ!

 

この記事では、私が作成したMinecraft 上で「高さ自由のエレベーター」を建築するPython プログラミングについて簡単に解説します。

※ YouTube 動画でも紹介しています!よければこちらどうぞ!

 

 

この「高さ自由のエレベーター」プログラミングの特徴!
  1. エレベーターを囲うブロックの色を自由に決めれます!
  2. エレベーターの高さを自由に決めれます!(ただしMinecraft の処理の都合上あまりに高く設定すると建築できない場合もあります!
  3. 完全自動です!コマンドを入力するだけで何も動かず自動作成できます!

 

 

 

 

スポンサーリンク

「高さ自由のエレベーター」を建築するPython プログラミングの作り方

 

まず「高さ自由のエレベーター」を建築する プログラミングですが、Python というプログラミング言語で作成します。

また開発環境ですが、「code connection for Minecraft」と呼ばれるMinecraft 公式のプログラミング開発環境用のツールで開発しました。

 

作り方といっても、下の「エレベータプログラミのソースコード」を「code connection for Minecraft」のPython プログラミングのところに貼り付けて実行すればOKです!

※ イメージこんな感じです!こんな感じで貼り付けて右下の再生ボタンを押下すればOK!

 

 

※ よくわからない方は下記ページに詳しく記載しています。

 

「高さ自由のエレベーター」プログラミングの処理フローと実行方法

 

「高さ自由のエレベーター」を建築する プログラミングの処理の流れはこんな感じです。

  1. エレベータの土台をつくる
  2. エレベータの外観をつくる
  3. エレベータの屋上をつくる
  4. 水流ブロックを埋め込む
  5. マグマブロック、ソウルサンドを地面に埋め込んで完成!

 

超ざっくりいうとこれだけです。

なお今回作成するエレベータは「水上エレベータ」と呼ばれるものを作っています。

この「水上エレベータ」はマグマブロック、ソウルサンドに水流ブロックを載せると勢いのある水流ができ、自動で登り下りできるものになります。

 

イメージはこんな感じです↓左が登りで右が下りのエレベーターです。

 

 

これをプログラミングで書いただけ・・・です。

多分実際にソースコードを見たほうがはやいかも、、、って感じです。

ソースコードが気になる方は下の章に載せてますので、そちらをどうぞ。。

 

エレベータープログラミングの実行方法について

 

「高さ自由のエレベーター」のプログラミングを「code connection for Minecraft」のPythonプログラムに貼り付けて実行状態にできれば

あとはMinecraft のチャット欄に「build」と入力し Enter すればOKです!

 

「高さ自由のエレベーター」の実行方法!
build <エレベーターの高さ> <エレベータの個数>

 

なお、<エレベータの個数>は指定しなくてもOKです!指定しない場合は1件建築されます!

たとえば下記のように実行できます!

  1. build 100  ・・・高さ100階のエレベーターが1件建築できます!
  2. build 100 3 ・・・高さ100階のエレベーターが3件建築できます!
  3. build 200 1   ・・・高さ200階のエレベーターが3件建築できます!

 

エレベータープログラミングのソースコード

 

Python プログラミングのソースコードを載せます。

ちなみにPython プログラミングの下記行の値を変えることで自分好みの設定に変更もできます!

 

  1. THEAM_BLOCK = DIAMOND_BLOCK → ここでブロックの種類を変更できます!
  2. MAX_STAIRS = 200 → ここでエレベーターの最大階を指定できます!

 

 

「高さ自由のエレベーター」プログラミングを実行する上での注意点

 

まずこのプログラムを実行する上での注意点です。

  1. プログラミングを実行中はプレイヤー(つまり自分自身)を絶対に動かさないこと!
  2. プログラムを実行する前に「compass」コマンドを実行して位置を確認!
  3. あまり無茶な動かし方をすると、正常に動かなくなる可能性もあります!

 

 

プログラミングを実行中はプレイヤー(つまり自分自身)を絶対に動かさないこと!

 

「高さ自由のエレベーター」プログラミングを実行する際は必ずプレイヤーを操作しないようお願いします。

なぜなら動かしてしまうと建物の形がおかしなことになります。

 

これはなぜかというと、Miecraft プログラミングでブロックを置く処理を実行する際

Minecraft のプログラミングの仕様上、プレイヤーの位置が原点(つまり数学でいう(0,0,0)の点)になるからです。

 

何言ってるかよくわからん人は下記図を見てください。

たとえばあるプレイヤーが水色の位置にブロックを置こうとします。

この場合、プログラミングで指定するブロックの配置場所は「プレイヤーの前の4ブロック」ですよね。

 

ではこのプログラムを実行する間にプレイヤーが動いてしまうと下記のようになります。

プログラムでは「プレイヤーの前の4ブロック」に置こうとしますが、プレイヤーが自体が移動してしまうため、

ブロックの配置場所がずれてしまうということになります。

 

 

こういう理由のため、「高さ自由のエレベーター」プログラミングを実行する際はかならずプレイヤーを動かさないでください!

(見上げるとか視点を変える動作はOKです!)

 

「build」コマンドを実行する前に「compass」コマンドを実行して位置を確認!

 

Minecraft の世界では前とか後ろという方向性は、Minecraftのもつ X軸、Y軸、Z軸で決定しますが、

プログラミング開発している場合はどちらが前か正直わからないという悩みがあります。

 

わたしは独自に「compass」というコマンド作成しており、下図のように床に赤いブロックが出力されたほうをとわかるようにしています。

なので、建物を建築する前はかならず「compass」コマンドを実行するようにしましょう!

 

 

あまり無茶な動かし方をすると、正常に動かなくなる可能性もあります!

 

これは Minecraft のプログラミングのスペック上仕方がないです。

例えば建物 10000階のエレベーターを作成しようとしても Minecraft 上では描くことができません。

なので、あまり無茶に動かさないようにお願いします。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

この記事では、Minecraft でもPython プログラミングで「高さ自由、色の指定自由」のなんでもありのエレベーター作成プログラミングを開発しました!!

 

YouTubeでも紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

この記事が読者の Python 開発のお役に立てれば幸いです。

ではでは

スポンサーリンク
おすすめの記事