Excel でオートフィルをキーボードのショートカットで行う簡単な方法
janjf93 / Pixabay

はじめに

Excel では、選択したセルから隣接したセルに連続データを入力することができます。Excel ではその機能を「オートフィル」といいます。

この記事では、オートフィルをキーボード入力からショートカットで行う方法についてご紹介します。

これをするメリットは、作業がはやくなる....と言いたいところですがそんなに早くなりません。

確かに作業は少し早くなりますが、キーボード入力があまりに早くない限りそんなに速度は変わりません。

ですが、仕事でExcelを使っているとマウスで操作ができない状況(会議室のパソコンで触っているときとかでマウスがない時)やマウスでの操作がめんどくさい時に結構便利です。

みんながいるときにこれをすると「こいつ...できるやつ!!」とか上司や周りから評価されるかもしれません。

実際私の上司がこのショートカットをしてて、あまりの鮮やかさに「かっこいい...」と感動した覚えがあります。

つまり、これを使うメリットは「ちょっと作業が早くなる」 + 「かなりかっこよく作業」ができます。

スポンサーリンク

ショートカット

「オートフィル」をするショートカットは下記の2通りあります。

ショートカット①
  1. 「Alt」+ 「E」+「I」(アイ)+「S」
  2. 「Alt」+「F」
  3. 「Enter」
ショートカット②
  1. 「Alt」+ 「H」+「F」+「I」(アイ)+「S」
  2. 「Alt」+「F」
  3. 「Enter」

この二通りの方法で行えます。ショートカットと言いつつ3ステップもありますが、実際にやってみるとそんな大したことないです。

では次に実際にやってみましょう。

まずデータを選択し、連続データを出力させるセルの範囲を選びます。

まずショートカット①は「Alt」+ 「E」+「I」(アイ)+「S」と順番に入力し、ショートカット②なら「Alt」+ 「E」+「I」(アイ)+「S」と入力します。

入力している最中はExcelの画面中央上部のほうに以下のような画面がでてきます。

そして、入力し終わるとこんな画面がでてきます。

次に「Alt」+「F」と入力します。このとき「Alt」を押しっぱなしにして「F」を入力します。

最後に「Enter」を入力します。すると連続データが表示されていることが確認できます。

最後に

いかがでしょうか?

最初のうちは、「ショートカット」を覚えるのが大変で結局マウスでやるかもしれませんが、何度もやってみることが重要です。

この記事を読んで一発でできるようになったら天才です。

わたしのような凡人はこれを覚えるために何回も練習しました。。。

ショートカットは覚えるのが大変ですが、覚えたらそっちのほうが楽になることが多々あるので、何回も練習してぜひ覚えてみてください。

 

Excel がよくわからない人へ

「仕事でExcelをよく使うのに操作がよくわからない...

「勉強したけれど、独学ではどうしてもわからず、誰かに教えてほしい...

「Excel のMOS資格を取って自信をつけたい!」

 

こんな悩みはありませんか?

Excelとは、社会人ならどんな資料作成にもかならず使うアプリといっても過言ではありません。

どんな業種でも必ず一度は Excel で資料を作る経験をしたことがあると思います。

つまり、社会人ならば Excel を使えることは必須スキルなんです。

しかし独学していると、知識の定着にどうしても時間がかかってしまうという問題があります。

 

ところが、いまやネットが盛んな時代になり、さまざまなオンラインプログラミングスクールがあります。

そのスクールでは、その道のプロが丁寧に教えてくれますので、Excel 初心者でも安心して学習できます。

ぜひ下記のオンラインプログラミングスクールであるTECH ACADEMY」に

相談だけでもされてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事