簡単!!エクセルでキーワードの組み合わせを自動化!【Excel vba】
janjf93 / Pixabay

はじめに

アフィリエイトやブログ運用している方は必ずといっていいほどキーボード探しをしていると思います。

そんなときにおそらく2つ(または3つ)のキーワードを組み合わせて入力しませんか?

上記の場合、少ないので何ともないですが、キーワードが10個や20個となると組み合わせの作業というのはめんどくさいですよね。

できればパパっとできるようにしたい方へ、Excel さえあればだれでも簡単にできる「キーワード組み合わせ自動化」マクロをご紹介します。

スポンサーリンク

Excel で「キーワード組み合わせ自動化」

今回ご紹介する「キーワード組み合わせ自動化」マクロですが2種類あります。

  1. 1列に記述したキーワードの組み合わせを出力
  2. 2列に記述したキーワードの組み合わせを出力

1列に記述したキーワードの組み合わせを出力

これは1列にキーワードを記述し(下の左表)、そのキーワードのすべての組み合わせを出力させる(下の右表)ツールです。

作成方法

※作成する前に他の開いている Excel ファイルをすべて閉じてください。

(1)以下の画像のように Excel のレイアウトを変更します。シート名、ファイル名はなんでもいいです。

(2)Excel の「開発」→ 「Visual Basic」をクリックします。「開発」タブがない人はこちらを確認ください。

(3)「Microsoft Excel Object」を右クリックしてください。

(4)「挿入」→ 「標準モジュール」をクリックします

(5)下記画面が表示されますので赤枠の箇所に次の全てコードをコピーして貼り付けます

コピーした内容を貼り付ける箇所 

コピーするコード (すべてコピーしてください)
(6)画面を閉じてさっきの Excel 画面に戻ります。①キーワードを A 列に入力し ②「開発」→「マクロ」とクリックします。

※ キーワードは必ず A 列2行目から入力してください。1行目にキーワードを入れても組み合わせには出力されません。

(7)「KeyWordcombination」を選択し、「実行」をクリックします。

(8)B列目にキーワードの組み合わせが表示されます。

簡単ですね!以上になります。

2列に記述したキーワードの組み合わせを出力

2列のキーワードの組み合わせを自動で行う方法を紹介します

作成方法

(1)新しく Excel を開いてください。そして下記画面のようにレイアウトを作成してください。シート名、ファイル名はなんでもいいです。

(2)このページの「1列に記述したキーワードの組み合わせを出力」で解説しました手順(2)~(5)と同様に行います。そして下記画面に以下のコードをすべてコピーして張り付けます。

コピーした内容を貼り付ける箇所 

コピーするコード (すべてコピーしてください)
(3)画面を閉じてさっきの Excel 画面に戻ります。①キーワードを A 列とB 列に入力し ②「開発」→「マクロ」とクリックします。

※ キーワードは必ず A 列とB 列の2行目から入力してください。1行目にキーワードを入れても組み合わせには出力されません。

(4)「MultiKeyWordcombination」を選択し、「実行」をクリックします。

(5)C 列に A 列 と B 列 のキーワードが出力されます。

以上です。これもすぐにできると思います。

最後に

最後までご精読ありがとうございました。

なお今回コピーして貼り付けたコードにはファイル出力機能もあります。

もしファイル出力機能をつけたいのなら貼り付けるコードの以下の箇所の先頭にある「’」(シングルクォーテーション)を外して貼り付けてください。

(変更前)'Call outputFile(afterData) 

(変更後)Call outputFile(afterData) 

スポンサーリンク
おすすめの記事