【Python】初心者でもわかる for文(ループ処理、continue、break)の書き方!

どーも Takeです。

この記事では for文について解説します!

 

  1. 基本的なfor文の書き方
    1. 数字でループ、配列でループ文をする方法
  2. 知っておくとさらにいい!
    1. 条件式と break、continueの組み合わせ!

 

for文の書き方はいろいろあると思いますが、

この記事では難しいことを書かず、絶対に知っておくべきことだけを書きます。

 

私はシステムエンジニアでかなり Pythonをつかっていますが、

感想として for 文にそこまで難しい知識はいりません。

 

for 文は、ある程度知っておく知識 + 難しいやつは ネットで調べるで充分対応できます!

ぜひこの記事を参考にして、for文を書いてみてください。

 

基本的な for 文の書き方!

ここでは数字でループ文、配列でループ文の書き方をご紹介します!

 

数字でループ文

「数字をカウントアップ」とは、ループ回数を指定して数字でループすることです。

例えば、1 ~ 10の数字でループさせる処理のことです。

 

数字でループさせるには 「range」を使います。

 

実行結果は下記になります。

 

上記は、1~10という数字を「1」ずつ増やしてループ処理をしていますが、

この増やす数字を「1」ではなく「2」「3」のように変更することもできます。

 

実行結果はこんな感じです。

 

配列でループ文

配列をもとにループもできます。

例えば、下記のような配列を定義するとします。

 

この「山田」「田中」「佐藤」が格納されている配列でループ文を作成します。

 

これの実行結果は下記になります。

 

またPythonではあまり書かないループ文ですが、

配列のインデックスでループ文を書くことも可能です。

※ インデックスとは配列のデータが格納されている場所を示します。

 

たとえば、下記配列を定義した場合、

 

array[0] = 山田、array[1] = 田中、array[2] = 佐藤になります。

この[0][1][2]といった数字がインデックスです。

 

つまり、インデックスをもとにループ文を書く場合、下記のようにします。

 

「len」とは配列の大きさのことであり、

0 ~ 配列のサイズ(つまり3)の間をループするということです。

実行結果は下記になります。

 

以上でループ文の基本的なことの説明が終わりです。

つぎにループ文を書く上で知っていればさらにお得な情報をご説明します。

 

知っておくとさらにいい!

「ループ文を途中で抜けたい!」とか「ループ文に条件式を入れたい!」

そう思うことが必ずあります。

そんなときに知っておいて損のない情報を説明します。

具体的には条件式 +「break」「continue」の組み合わせです。

 

条件式 +「break」

条件式+「break」文について説明します。

「break」は for 文の処理を途中で強制的に抜ける処理をします。

 

例えば、下記のようなソースコードがあります。

 

結果は以下のようになります。

 

配列「array」の中身を順番にループする処理です。

本来「山田」→「田中」→「佐藤」と表示するところに

「田中」の場合、「たなか」と表示させる処理を加えました。

 

ここに「break」を加えてやります。

 

結果は以下のようになります。

 

こうすることで、「たなか」と表示させる場合ループ文が終了することができます。

 

条件式 +「continue」

条件式+「continue」文について説明します。

「continue」は for 文の処理を途中で次の処理にスキップします。

 

例えば、下記のようなソースコードがあります。

 

結果は以下のようになります。

 

配列「array」の中身を順番にループする処理です。

本来「山田」→「田中」→「佐藤」と表示するところに

「田中」の場合、「たなか」と表示させる処理を加えました。

 

ここに「continue」を加えてやります。

 

結果は以下のようになります。

 

こうすることで、「たなか」と表示させた後に次にループ文にスキップすることができます。

 

ポイント!
  1. break ・・・ ループ文を途中で抜ける(終了する)!
  2. continue ・・・ 次にループ文にスキップ!

 

最後に

いかがでしょうか?

前述しましたが、for 文に難しい知識はいりません。

for 文の基本的なことを抑えて、あとは条件式 + 「break」か「continue」

でほぼ9割網羅したといっても過言ではありません。

 

ぜひ この記事を参考に for文をマスターしていただければと思います。

ではでは。

プログラミング学習、独学では難しくないですが?
  • プログラミングをどう勉強したらいいのかわからない
  • わかりにくい参考書が多く、自分一人では解決できそうにない
  • 壁にぶつかった時の解決策がわからない
そんな人にはプログラミングスクールtech boost」がおすすめです。

 
 

プログラミングスクールtech boost」の魅力
  1. オーダメイドの自分の目標にあったプランが受講できる!
  2. 現役エンジニアがあなたの学習を全力サポート!
  3. スクール卒業後のキャリアサポートも充実インターン/就職/転職/独立 など
  4. オリジナル Web アプリも作れるようになります!
  5. 近年トレンドの AI や IoT、ブロックチェーンも学習できます!
  6. 受講スタイル(通学かオンライン授業)も選択可能!

 

こんな人におすすめ!

  • 未経験からでもプログラミングをしっかり学びたい!

未経験からでも受講期間中にオリジナルサービス開発レベルまで全力でサポートします。

 

  • プログラミングを一人で学ぶことに限界を感じた!

未経験で一からプログラミング学習するには限界があります。

現役エンジニアがあなたの目標に沿った学習プランを提案してくれるので安心して学習できます。

 

  • 技術力をつけて、IT企業に就職やフリーランス、独立を目指したい!

卒業後のキャリアサポートも充実しているため、未経験からも IT 業界に参入できます。

 

悩んでいるなら、お気軽に無料説明会へ!

現役エンジニアの私がいいますが、IT 業界は圧倒的な人材不足です。

 

スクールは料金が高いからなあ」と悩まれている人もいると思いますが、

IT業界は仕事が有り余っているため、一度学べば速攻で資金回収できます。

 

もしプログラミング学習で悩んでいたり将来的に IT企業、フリーランスなどで働きたいのであれば、

プログラミングスクール「tech boost」へ無料相談だけでもいってみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事