未来のキャリアを作る「TECH BOOST」
【Excel】あるある!時間の計算(足し算、引き算)の悩みを解決!

Excel の時間の計算したとき、こんなことになりませんでしたか?

 

 

上記は、2行目がA+Bの足し算、3、4行目が引き算ですが、、、

2行目は100歩譲ってわかるとして、、、

「#######」ってなんや???

 

そんな悩みを持った場合、この記事を参考にぜひ Excel の時間計算をマスターしてみてください。

わかれば超簡単です!

 

この記事でわかること
  1. 足し算の仕方(基本的な方法)
  2. 足し算の「24時間」越えの対処法
  3. 引き算の仕方(基本的な方法)
  4. 引き算の「#######」問題の解決方法

 

時間の足し算、引き算

はじめに「時間」の足し算と引き算を説明します。

 

時間の足し算の仕方(基本的な方法)

まずは普通に足し算します。

 

すると、下記のように「2:00」となります。

 

 

足し算の「24時間」越えの対処法

 

上の計算を見た時に、

「23:00」+ 「3:00」= 「26:00」にならないの...?と思われた人もいるのではないでしょうか?

そんな人は追加でExcel の設定が必要です。

セルを選択して「右クリック」→「セルの書式設定」を押下します。

 

 

「表示形式タブ」→「ユーザ定義」から種類(T)の入力欄に [h]:mm と入力します。

 

 

すると、下記のように「26:00」表記になっていることが確認できます。

 

時間の引き算

引き算は以下のように行います。

 

予想通り、「1:00」になります。

 

 

引き算の「#######」問題の解決方法

「#####」になっていませんか?

 

これには一工夫必要です。つまり Excel 関数を使います。

下記どちらかの数式を入力してみてください。

数式
  1. =TEXT(IF(B1>A1,B1-A1,A1-B1),"h:mm")
  2. =TEXT(ABS(A1-B1),"h:mm")

 

すると下記のようにうまく表示されます。

 

 

3行目はええけど、2行目が「-12:00」にしたいという人もいると思います。

つまり、「マイナス」表記をつけたい!と思う人もいると思います。

そんな人は下記数式を入力してみてください。

数式
  1. =TEXT(IF(B1>A1,B1-A1,A1-B1),IF(B1>A1,"h:mm","-h:mm"))
  2. =TEXT(ABS(B1-A1),IF(B1>A1,"h:mm","-h:mm"))

 

どっちを入力しても下記のようになることが確認できます!

 

 

最後に

いかがでしょうか?

この記事ではExcelの時間の計算方法について解説しました!

よければぜひ参考にしてみてください。

ではでは。

おすすめの記事